ノルバスクの画像と血圧を測る人のイラスト

ノルバスクはアムロジピンという成分で主に構成されており、高血圧症や狭心症の治療に対して多くの方に使われています。効き目がとても良く、副作用も少ないので高血圧症治療の第一歩にはこちらがよく使われております。

メインテートと血糖降下剤について

塩酸プロプラノロール製剤はβブロッカー製剤の代表的な医薬品であり、交感神経の興奮を抑え、心拍数を減少させることで脈の乱れをもとに戻すという効果があります。
ピンドロール製剤であるメインテートもこの作用のある医薬品です。

心臓の収縮力を抑える多様が緩和であるため、血圧を下げる効果は少ないですが、その分副作用が少ないともされています。
効果が長時間持続するという特長があります。

自己判断で服用を中止したり、使用量を増減させると症状を悪化させるケースも有りますので、医師の指示に従い服用することが大切になります。

血糖降下剤と併用すると、低血糖を起こしやすくなるとされています。
糖尿病の合併症の治療のために併用する必要があるという場合には、あらかじめその対応法などについて医師から指示を仰ぐようにします。
また、他の降圧剤や不整脈治療剤と併用すると、副作用が起こりやすくなる可能性がありますので、他の薬を服用する必要があるという場合には、医師に相談するようにしましょう。

風邪などの感染症に罹ると症状が悪化することがありますので、服用中には風邪などのひかないように注意することが大切になります。
服用は長期継続する必要があるため、薬を切らすことが無いようにしましょう。