ノルバスクの画像と血圧を測る人のイラスト

ノルバスクはアムロジピンという成分で主に構成されており、高血圧症や狭心症の治療に対して多くの方に使われています。効き目がとても良く、副作用も少ないので高血圧症治療の第一歩にはこちらがよく使われております。

血圧をさげる薬、ノルバスク服用中によくある質問

ノルバスクは血圧をさげる薬、すなわち降圧剤です。
降圧剤にもいろいろな種類がありますが、その中でもカルシウム拮抗薬と呼ばれる薬で、血管を広げることで血流を良くして血圧をさげるタイプの降圧薬です。

現在日本で一番多く使われている歴史の長い降圧薬です。

カルシウム拮抗薬と聞くと、患者さんはよく「カルシウムは血圧に良くないのですか」とか「カルシウムを制限した方が良いのですか」という質問をよく受けます。

カルシウムの働きを抑える薬だと思ってカルシウムが血圧に良くないのだと誤解される方が多いのですが、そうではありません。

血管の筋肉は平滑筋という筋肉でできており、カルシウムイオンの存在によって収縮したり拡がったりします。ノルバスクをはじめとするカルシウム拮抗薬はカルシウムイオンが血管内に入り込みにくくして平滑筋の収縮を抑え、血管を拡げています。

つまりノルバスクは、骨や歯を作るためのカルシウムには関与しません。
従って、食事のカルシウムの量を減らしたり制限したりする必要はありません。

また、「血圧をさげる薬を飲んでいる人はグレープフルーツを食べてはいけないと聞いたのですが」と言う質問も時々あります。

カルシウム拮抗薬を飲んでいる人はグレープフルーツがダメだと言うのは正解です。
グレープフルーツに含まれるフラノマリンという天然フラボノイドが薬を代謝する酵素の働きを抑えるため作用が強くなる怖れがあります。

カルブロックやアテレック、コニール、アダラートでその作用が強く、ノルバスクは作用が弱い部類に入るのですが、だからと言ってグレープフルーツがOKなわけではありません。
ノルバスク服用中は、グレープフルーツを食べたりグレープフルーツジュースを飲むのは止めてください。

また、「グレープフルーツ以外の柑橘類はどうなのか」という質問もありますが、温州ミカンやかぼす、ゆず、バレンシアオレンジは食べても大丈夫です。