ノルバスクの画像と血圧を測る人のイラスト

ノルバスクはアムロジピンという成分で主に構成されており、高血圧症や狭心症の治療に対して多くの方に使われています。効き目がとても良く、副作用も少ないので高血圧症治療の第一歩にはこちらがよく使われております。

高血圧症もEPAを摂取しノルバスクで血圧を低い数値に

高血圧症と診断されている人は、少なくありません。
日本では、国民病とも言われるほど蔓延しているのが実際です。
高血圧症は、自分でも感じるほどの自覚症状が乏しいのが特徴です。
とはいえ、治療に着手しないでいると、脳卒中や心筋梗塞などの致命的な疾病を引き起こす危険性があります。
血圧が高ければ高いほど、脳卒中のリスクが高まることは、実際の臨床現場でも明らかになってきています。
仮に、血圧が低い人人が脳卒中リスクが1であれば、高血圧症の人は約3.3倍、さらに強度な高血圧症であれば約8.5倍にも高まってくるのです。
重篤な疾病に見舞われる確率は、血圧のコントロールがしっかりとなされている人のほうが、はるかに低いのは明確です。
高血圧症への対策としては、生活習慣病とも言われているように、毎日の生活習慣の見直しから始めなければなりません。
一つは、塩分過多の食生活を断ち切ることです。
意識して塩分を減らす努力が求められます。
また、血液がドロドロになると、血圧が高くなるのです。
これは、血液中のEPA濃度が低いと、血液の粘度が高くなってドロドロになるからです。
血流が悪くなるので、それを回復させるために、心臓が圧力を増して血液を送り出すメカニズムが働きます。
青魚に多く含まれているEPAは、血液をサラサラにする効果がありますので、積極的に食べるようにするのが望ましいです。
厚生労働省でも、EPAを毎日1g以上とることが推奨されています。
また、すでに高血圧症になっている人は、治療薬の服用が効果的です。
ノルバスクが医療の現場では頻繁に使用されています。
ノルバスクは効能が高いわりには、副作用がほとんど見られず、安心して処方できるというので、医療関係者からの評価も高いです。
世界の各地で、ノルバスクは高血圧症の改善に貢献しています。