正常な血圧のためにはノルバスク

ノルバスクの画像と血圧を測る人のイラスト

ノルバスクはアムロジピンという成分で主に構成されており、高血圧症や狭心症の治療に対して多くの方に使われています。効き目がとても良く、副作用も少ないので高血圧症治療の第一歩にはこちらがよく使われております。

ノルバスクの特徴のまとめ

高血圧症を指摘されている現代人は、少なくありません。ストレスのたまりがちな社会で暮らし、塩分過多の食生活にどっぷりと浸かっていますと、血圧の数値が高くなってくることは避けられないことでしょう。ただ、高血圧症が一定の基準を超えると、心筋梗塞や脳梗塞など、恐るべき事態に陥りかねません。もし健康診断で高血圧症と指摘されたら、できるだけ早く治療を受けるのが得策です。昨今では、優れた効能を発揮するノルバスクという治療薬が普及してきて、症状の改善に大きく活躍しています。ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に分類されています。特筆すべき特徴としては、効き目が良好で、それでいて副作用がほとんどなく、安全性が高いという点が、一番にあげられます。ですから、臨床の場面では、高血圧症治療の際には、第一に選択されています。ノルバスクを服用しても、血糖や尿酸、脂質などには影響を及ぼしません。また、年齢にかかわらず、広く使用することが可能です。とりわけ、合併症の多い高年齢の人にも、安心して処方できるところから、医療関係者の間では評価が高いです。さらに、緩やかに効果を発揮し始め、半減期が長いというのも、ノルバスクの目立った特徴です。1日に1回の服用で事足りますので、飲む立場の患者にとっても管理が大変楽です。ノルバスクが効能を発揮するメカニズムは、心臓や体の血管を拡張して血流を良くし、血液の抵抗が減って血圧を下げる、というものです。また、心臓が収縮するのを抑え、心臓を休息させる作用も行います。このようなメリットがありますので、高血圧症だけでなく、狭心症の治療でも積極的に使用されています。ただ、ノルバスクを服用するにあたって、注意すべき点もあります。ノルバスクはカルシウム拮抗薬ですので、グレープフルーツとの同時服用は禁物です。薬の効果が増加し、にわかに血圧が低下する恐れがあるからです。

ノルバスクを個人で購入するには

ノルバスクとは、高血圧や狭心症の治療薬に使用されるカルシウム拮抗剤が成分の薬です。心臓や体の血管を広げるとともに、血流を良くする作用があります。血液の抵抗が減ることにより、血圧が下がりますので、心臓の収縮を抑制し休ませる働きもします。通常は病院へ通い、医師から処方された処方箋で購入しますが、最近ではインターネットでの個人輸入(薬局などによる個人輸入代行)や、通信販売で購入される方が多くなっています。個人輸入とは、個人が直接海外のお店などから商品を購入することを言い、医師の診察や処方箋がなくても、個人で使用される場合に限って、薬事法に定められた制限内の数量(ビタミン剤の場合には4ヶ月分以内、医薬品は2ヶ月分以内など)であれば、個人輸入することができるよう法律で認められています。ただし、使用にあたって、医師の指示が必要な医薬品や処方箋が必要な医薬品などについては、1ヶ月分以内しか購入することが出来ません。日本では医師の処方箋が必要な薬であっても、海外では薬局やスーパー、ドラッグストアなどで簡単に購入出来るものがあります。このような医薬品を個人輸入することは、日本で購入する人も、個人輸入代行業者側においても違法ではありませんので、安心して購入することが出来ます。個人輸入には、面倒な通関手続きが必要ありませんので、国内の通信販売と同じように、代行業者からの商品の到着を待つだけです。個人輸入をした場合には、病院のように初診料や診察料を支払う必要もなく、単純にお薬だけの料金を支払うだけで済みますので、あらかじめ、病院で医師の服用方法の指示などを受けており、毎日のように継続して使用するのであれば、個人輸入などで購入する方が、断然医療コストが安くなるというメリットがあります。

高血圧治療の第一歩はノルバスク

高血圧は日本人の4割ほどがかかっているとされる国民的な疾患の一つとなっています。相当に重症にならない限りはそれ自体による自覚症状が生じにくいことから、高血圧でありながらもそうであるとは知らずに生活してしまっている人も多いと推定されています。しかし、高血圧であるということは血管や心臓、腎臓などに大きなストレスをかけることになるため、それによる二次的な疾患が生じやすいというリスクがあります。特に長期化するにつれてそのリスクが高まることが知られていることから、高血圧という診断がなされた場合には速やかに血圧を目標値まで下げることが望まれるようになっています。そのために用いられる治療薬の一つがノルバスクであり、高血圧治療において最も頻繁に使用されているものの一つです。高血圧の程度によってはノルバスクを開始する以前に、まずは食事や運動などの生活面からの血圧改善を行っていくということも標準的に行われていますが、本格的な治療の開始となるとその第一歩となるのがノルバスクのような高血圧治療薬の使用による血圧コントロールとなっているのが現状です。カルシウム拮抗薬として知られるノルバスクは、その作用がある間だけ血圧を低下させられるものであり、根本的な治療を達成するための治療薬ではありません。根本治療を達成するためには生活面からのアプローチが不可欠であり、まずはノルバスクによって血圧コントロールを行うことによって二次的な疾患が生じてしまうリスクを回避し、その上でじっくりと時間をかけて根本治療を行っていくというのが高血圧治療における基本的な考え方となっています。ノルバスクを飲めば治るという考え方を持つのではなく、あくまで予防のための薬であるということを知っておくことが大切です。